商品名武井武雄 刊本作品 no.132「陶工栗衛門の妻」
  • トップ
  • 古書
  • 武井武雄 刊本作品 no.132「陶工栗衛門の妻」

価格
税込 7,700
(税抜¥7,000

商品番号 v_boo_pic008

  • 注文数量 
  • +
    -
品切れ中 お気に入り

再入荷のお知らせをメールで受け取る

武井武雄の刊本作品no.132。武井は本をひとつの芸術ととらえ、執筆、挿画などの構想から刷りや製本という制作にいたるまで、すべて自分自身の手で作り上げた小さな作品を「刊本」と呼び、100を超える数の名作を世に残しました。いずれも数百部という限定数しか制作されず、日本の書物の歴史の中でも貴重な位置を占める作品ばかりです。内容は多岐にわたり、風刺的なものや民話調、あるいはどこか外国のコントのような雰囲気のモダンなものが多く、大人の寓話といった趣き。こちらはその132作目で、享保の時代に活躍した陶工・栗衛門とその妻の物語。扉のデザインはじめ挿画も民藝感覚あふれていて可愛らしい。署名入り。シリアルナンバーは限定500部中252番。特に目立つ難はなく、標準的な状態ですが、古いものですので、経年による多少の劣化等は事前にご了承のうえお買い求め下さい。

商品情報

著者:武井武雄 / ハードカバー / 98mm × 130mm / 1981年製作 / 自刻木版可憐判

ラッピングOK

関連商品

本屋の特集一覧