書籍

雑貨

作家/ブランド

古書

恵文社メイド

ギフト

お買得商品

特集

商品名男読むべからず

価格
税込 19,440
(税抜¥18,000

商品番号 v_boo_nov026

  • 注文数量 
  • +
    -
お買い物かごに入れる お気に入り
大正から昭和にかけて活躍した声楽家、文筆家の丹いね子。もはや一部の好事家にしかその存在を知られていませんが、当時の日本のモダンガールの代表的存在でした。こちらはいね子自身が大衆向けに創刊した雑誌『婦人文芸』にて連載されていたエッセイ、ゴシップ、小説、評論などをまとめた一冊。あけすけな口語体の文章で、都市を往来する男たちを腐したり、「公娼廃止」に一言申したりなど、切れ味たっぷりの読み物目白押しです。ライバル歌手の原信子にフランス料理に招かれ、食後に飲んだペパーミントで下痢をし、中毒性急性咽喉炎と診断され、世を騒がせた「水銀事件」についての原信子宛ての公開状なんかも載っています。戦前女子古本の世界をお楽しみください。ちなみにこちらの装丁は浪漫画家、竹久夢二となっております。函、本体ともスレございますが、経年を考慮するとまずまずの状態です。
ラッピングOK
            
商品情報
著者丹いね子
出版社成光館
サイズ135mm×195mm
ページ数257P
その他1938年発行 再版
状態G

関連商品