商品名ほんやら洞日乗

価格
税込 2,160
(税抜¥2,000

商品番号 b_kyo012

  • 注文数量 
  • +
    -
お買い物かごに入れる お気に入り
2015年1月に焼失した京都・今出川通りに面した喫茶店「ほんやら洞」。岡林信康、中尾ハジメらが1972年に立ち上げた後、カウンターカルチャーの拠点として海外にも名を知られ、詩人や学者など多くの文化人や運動家に愛されたアートスペースでもありました。本書は、ほんやら洞草創期から関わりを持ち、1999年より経営にカムバックした写真家・甲斐扶佐義さんの、2014年1月から火災発生までの1年間を綴った日記を書籍化したもの。43年間の歴史に幕が下り、ついに観念の城と化した語り継がれるべき店の最後の日々。巻頭には同店の歩みを辿る貴重なプリントを多数掲載。また、ジャン=フィリップ・トゥーサンをはじめ交友関係にある人びとからの応援メッセージも収録された、600ページ越え大ボリュームの一冊です。
ラッピングOK
商品情報
著者甲斐扶佐義
出版社風媒社
サイズ130mm × 190mm
ページ数657P
その他ハードカバー

関連商品