商品を探す
商品名まちをあるく、瀬戸でつながる

価格
税込 1,870
(税抜¥1,700

商品番号 b_cty071

  • 注文数量 
  • +
    -
お買い物かごに入れる お気に入り
千年以上ものあいだ、やきものを作り続ける"せともの"のまち、愛知県瀬戸市。
観光地としてはあまり知られていないものの、時代に合わせ新しいやきものづくりに挑戦してきたまちは、いたるところに"せともの"の存在を残し、その景色には歴史と今が行き交います。
本書は、このまちでお宿&喫茶「ますきち」を夫婦で営むライターの南 未来さんが、生まれ育った瀬戸に10年ぶりに戻ったことをきっかけに、あらためてまちを歩き、商店街界隈の店主や陶芸関係の人々に話を聞きながら「再発見」した瀬戸の魅力を綴ったガイドブック。ディープで懐かしい店と新しい世代が隣りあう商店街、生活道具店やカフェギャラリー、アートスペースや本屋など人と情報の集まる小さな店、それぞれのこだわりと人となりを楽しむ飲食店、そしてせとものを支える採掘場から専門店、陶芸家や窯元、ギャラリー。「実験的で柔らかい」人々が至る所で重なり合い、でこぼこと共存するさまを、同じまちの住人として会話しながら描きだします。懐かしくも新しい瀬戸の空気をフィルムカメラで捉えた写真家、濱津和貴さんの写真も魅力的。
一見どこにでもあるまちや風景をあらためて主体的に再発見し、編みなおす視点そのものに希望を感じる一冊です。開いて使えるオリジナル「瀬戸市のまちあるきMAP」付き。
ラッピングOK
商品情報
著者南 未来
発行ヒトツチ出版
サイズB6
その他160P / 布張り箔押し製本

関連商品

本屋の特集一覧