商品名とうもろこしの乙女、あるいは七つの悪夢

価格
税込 2,808
(税抜¥2,600

商品番号 b_lad020

  • 注文数量 
  • +
    -
お買い物かごに入れる お気に入り
ホラー、ミステリー、ファンタジーなど幅広いジャンルに渡って人間の深淵に触れる数々の作品をものし、その多作さと独自の作風でも多くのファンを 持つ女流作家ジョイス・キャロル・オーツが2011年、73歳の時に発表した短篇集。本書もその物語の力が存分に味わえる歯ごたえのある作品ばかりです。特に、少女が少女を誘拐するという、表題作の「とうもろこしの乙女」に見られる悪魔的なモチーフの妖しさと恐ろしさには、ある種の得も言われぬ魅力が宿り、少女という存在のこわさと切なさと複雑さを新しい形で教えてくれるこの一篇だけで本書を当コーナーでおすすめする所以ともなっています。ほか、乙女的な観点からはややシリアスながらも読みごたえのある作品ばかり。そしてMARUUのイラストと名久井直子の装幀による混沌とした素晴らしいジャケットも含めておすすめできる海外文学です。

商品情報

著者:J.C.オーツ、訳:栩木玲子 / 出版社:河出書房新社 / 140mm × 188mm / 368P / ハードカバー

ラッピングOK

関連商品