商品を探す
商品名kesho:化粧

価格
税込 7,700
(税抜¥7,000

商品番号 b_vis_des210

  • 注文数量 
  • +
    -
品切れ中 お気に入り

再入荷のお知らせをメールで受け取る


メイクアップアーティストのUDA氏が、メイクのやり方(How to)ではなく、考え方を伝える初の書籍。「東風解凍(はるかぜこおりをとく)」や「山茶始開(つばきはじめてひらく)」など、日本古来より親しまれてきた暦の「七十二候」を拠り所にし、新しいメイクアプローチを展開します。

メイクのHow toに関する膨大な情報が余る中、そもそも「自分らしく綺麗になる」ことの意味を掴むことが出来ているでしょうか。和菓子や着物、お茶といった日本文化に通底するのは「季節を感じとらえて、表現する」ということ。その美意識に倣い、自分なりの美しさの表現を探ります。

「kesho:化粧は素顔よりもその人の「無垢」を表すことができる。」

メイクをすることが、私たちが感じる心をそのままに写し取ることだとすれば、それはもっと自由で良いのかもしれません。季節の変化の機微を感じ取ること、表現すること。それはメイクアップに留まらず、自分探しのヒントにもなり得ます。

「芽吹く花の様子を感じて想う色を、くちびるやまぶたにちょんを置いてみたリ、梅雨の明けた開放感を顔に描いて遊んでみたり、色の褪せていく哀愁を纏ってみたり、移りゆく季節を今までより少しだけ繊細に取り入れてみる。そうして出会う色や形は、オリジナルの感性で選んだ自分の世界です。それは誰の真似でもないものとなって、新しい自分の感覚を発見でき、心と周りを繋いでくれるはずです。」(本文より)

メイクアップの新しい視点に刺激を受けると共に、日常の中での細やかな色彩や造形の変化に目を向けてみたくなるような一冊です。

※写真と実物とは色合いが異なる場合がございます。
ラッピングOK
商品情報
著者UDA
写真守本勝英
スタイリスト井伊百合子
ブックデザイン伊藤修一
出版元NORMAL
サイズB5変形版
その他ハードカバー・368p

関連商品

本屋の特集一覧