商品名津軽再考

価格
税込 7,480
(税抜¥6,800

商品番号 b_vis_pho239

  • 注文数量 
  • +
    -
品切れ中 お気に入り

再入荷のお知らせをメールで受け取る

「彼が撮影しているのは表層的な美を拒絶した先にある津軽。」
本州最北端。年間を通じて大半が雪に覆われる地域、青森県津軽。その地に生まれ、今も暮らし続ける写真家・柴田祥による津軽を撮影した作品集。ハイコントラストなモノクロで写し出される、雪原、田畑、漁港。そこに存在していたもの、今はもう存在しないもの。開発や過疎、少しずつ姿を変える故郷。移ろいゆく津軽を記録し、本として再構築した一冊。昭和30年代に同じく津軽を撮った孤高の写真家・小島一郎に捧げる「津軽再考」。こだわり抜かれた印刷によって表現された息を呑むような黒色が雪の白さを際立たせます。ただ広がる雪原のように、静謐で美しい写真集です。発行は紀伊半島を中心に活動するレーベル道音舎より。限定600部。
ラッピングOK
商品情報
著者柴田祥
発行道音舎
サイズ282mm × 224mm
その他112P/限定600部

関連商品

628 道音舎

別冊 津軽再考

別冊 津軽再考

1,100円(税抜1,000円)

狼煙

狼煙

7,040円(税抜6,400円)