商品を探す
商品名数学の贈り物

価格
税込 1,870
(税抜¥1,700

商品番号 b_pub_mi024

  • 注文数量 
  • +
    -
お買い物かごに入れる お気に入り
分野を越境するやわらかな知性はどう育まれてきたか。デビュー作『数学する身体』で小林秀雄賞を最年少受賞した注目の書き手、独立研究者・森田真生。その思考を巡らす日々を綴った、著者初の随筆集です。ミシマ社ウェブサイト上の5年に及ぶ連載が待望の書籍化。存分に加筆と修正を加えた真新しい内容です。

道端の石ころを大事そうに拾いあげる幼い息子。宅配ドライバーとの何気ない会話。日常の素朴な気づきから、無常や情緒に思いを馳せ、岡潔や九鬼周造、デカルトら先達の声を聴く。数学者や哲学者の声を過ぎ去ったものとしてではなく、今を生きるために必要な思考としてあらたに蘇らせる19篇。深みを損なうことなく、厚みを削ぎ落とされたシンプルな文章は驚くほど軽やか。思考の塊のような、学びの一冊です。帯を裏返すとメッセージを書き込めます。お近くの大切な人に。
ラッピングOK
商品情報
著者森田真生
発行ミシマ社
装丁寄藤文平 鈴木千佳子
サイズ130mm × 190mm
その他159P/ハードカバー

関連商品

452 森田真生

数学する身体

数学する身体

539円(税抜490円)

アリになった数学者

アリになった数学者

1,430円(税抜1,300円)

本屋の特集一覧