商品名つち式 二〇一七

価格
税込 1,320
(税抜¥1,200

商品番号 b_lit_oth291

  • 注文数量 
  • +
    -
お買い物かごに入れる お気に入り
本来生きることは、他人との関わり以前に、他種との関わりの次元の話である。永らくわたしは、他の人間たちからの承認ではなく、他の生き物たちからの承認を求めていたように思う。とりもなおさずそれは、他の生き物たちが生きる土の上で、自分も生きて見せることだった。(本書より)

2015年より奈良の里山に移り住んだ著者が、本来あらゆる文化的生活のベースとなるはずの「生存」そのものにフォーカスを当て、稲作や養鶏という営みの実践を通じて生きることを問いなおした一冊。
「わたし」に食べられることで生きてゆけるニワトリたち、土地と相談しながら作り上げる棚田、人工と共生をとりもつ里山の生態系、耕さない農耕と文化との関係…。生物多様性に直に触れ、それを自ら作り出しながら、生活を自給し、生きることの不可解と困難、甘美を味わうこと。「よりよく生きる」ためのライフスタイルマガジンではなく、「より生きる」ためのライフマガジン。あらゆる行為がシステムにより分節化された時代に、手足を動かし生きることの基礎を確かめながら紡がれた、遠い射程をそなえるラディカルな実践と思考の記録です。
社会学者、見田宗介氏(!)による祝辞しおり付き。
ラッピングOK
商品情報
著者・発行人東 千茅
写真・意匠西田 有輝
編集・文豊川 聡士
編集石躍 凌摩
その他A5 / 104P / ソフトカバー

関連商品

617 微花 / つち式

微花 1./春 第二版

微花 1./春 第二版

1,980円(税抜1,800円)