商品名しししし 2 特集ドストエフスキー

価格
税込 1,944
(税抜¥1,800

商品番号 b_lit_bun090

  • 注文数量 
  • +
    -
お買い物かごに入れる お気に入り
赤坂の書店、双子のライオン堂が年に一度刊行する、本屋発の文芸誌「しししし」。第2号の特集はドストエフスキーです。学問的な追及がされるわけでなく、寄稿者が各々の分野から、かの作家を見つめ直します。特集ページもさることながら、合間に挟まれた企画にも要注目。鴻巣友季子さん訳、シャーウット・アンダスンの短編「兄弟がいっぱい」。「fuzukue」店主・阿久津隆さんのスタッフの面接をめぐるエッセイ。そして、2018年刊行の作品集『落としもの』(書肆汽水域刊)で再発見された小説家・横田創さんによる久しぶりの書き下ろし短編「わたしの娘」。ひとつの書店とその場に集まる人々によって作り上げられた自由な空気が凝縮された一冊。
ラッピングOK
商品情報
発行双子のライオン堂
サイズ150mm × 210mm
その他ソフトカバー/188P

関連商品

583 横田創

【サイン本】落としもの

【サイン本】落としもの

1,944円(税抜1,800円)