商品名cook

価格
税込 2,376
(税抜¥2,200

商品番号 b_se126

  • 注文数量 
  • +
    -
お買い物かごに入れる お気に入り
治療としての料理。
建築、ドローイング、音楽、小説。あらゆる文脈に跨って活動する著者、坂口恭平さんが躁鬱病と向き合うなかで新たに取り組んだのは料理でした。料理をし、それを記録するという試み。素朴な写真とともに綴られた料理日記には、詳しいレシピや作り方は載っていません。作って食べた感想や毎日の料理のなかで見出したちょっとしたコツが、直筆の文字とドローイングによって描かれています。巻末には「料理とは何か。」と題したエッセイも収録。これまでにありそうでなかった料理本であり、それ以上の可能性を感じさせる一冊です。ビニールカバーによる装丁も料理本らしい趣を作り出しています。料理をしない選択が容易にできてしまう社会にあって、改めて「食」というものを自らのなかに取り込もうとする一冊。
ラッピングOK
商品情報
著者坂口恭平
発行晶文社
サイズ166mm × 255mm
その他156ページ / ビニールカバー付き

関連商品