商品名10才のころ、ぼくは考えた。 たくさんのふしぎ399号

価格
税込 720
(税抜¥667

商品番号 b_oth0097

  • 注文数量 
  • +
    -
品切れ中 お気に入り

再入荷のお知らせをメールで受け取る

石、蟻や蝶、草や花、犬や猫、人間。生きているから死んでしまうもの。生きていないから死ぬことのないもの。全く違うそれぞれが存在しているこの世界に、ぼくが「ぼく」として生きているということ。石を集めるのが好きな少年が抱いた世界への問いから浮かび上がるのは、「考える」ということの広大さと自由。哲学や認知科学を横断する86年生まれの研究者、下西風澄さんを筆者に迎えた意欲的な『月刊 たくさんのふしぎ』399号。大人になるほどに忘れられていく世界や「わたし」への"センス・オブ・ワンダー"を取り戻させてくれるような一作です。
ラッピングOK
商品情報
著者下西風澄
写真浅井美紀
発行福音館書店
サイズ190mm×260mm
その他40P/ソフトカバー

関連商品