商品名コーヒーと随筆

価格
税込 1,404
(税抜¥1,300

商品番号 b_new182

  • 注文数量 
  • +
    -
お買い物かごに入れる お気に入り
コーヒーロースター、庄野雄治さんが編むアンソロジー。小説編に続く、随筆編が届きました。選書の基準は、コーヒーに良く合う、すこぶる面白い作品であるかどうか、ということだけ。息子を案じる内容ながらも、美しくも気骨ある文体が胸をうつ、岡本かの子『巴里のむす子へ』。卵が立つかどうかの論証が、こんなにも読ませる随筆になるのかと驚く、中谷宇吉郎『立春の卵』。筆の走りも軽やかに、著者それぞれの人となりを表すような20編を収録。
特典として冊子「皆が選んだコーヒーと随筆」付き。
ラッピングOK
商品情報
編者庄野雄治
出版社mille books
サイズ135mm × 185mm
その他P272 / ハードカバー

関連商品

01 アアルトコーヒー

コーヒーの絵本

コーヒーの絵本

1,080円(税抜1,000円)

徳島のほんと

徳島のほんと

1,080円(税抜1,000円)

コーヒーと小説

コーヒーと小説

1,404円(税抜1,300円)

Hemisphere vol.4

Hemisphere vol.4

1,080円(税抜1,000円)

Hemisphere vol.3

Hemisphere vol.3

864円(税抜800円)

誰もいない場所を探している

誰もいない場所を探している

972円(税抜900円)

紅茶の絵本

紅茶の絵本

1,080円(税抜1,000円)

しろ

しろ

1,620円(税抜1,500円)