商品名伝統こけしの本

価格
税込 2,700
(税抜¥2,500

商品番号 b_se080

  • 注文数量 
  • +
    -
お買い物かごに入れる お気に入り
東北の温泉地で生まれた伝統工芸品、こけし。可愛らしく、ゆるやかな魅力に惹かれつつ、 こちらの一冊では、そもそもこけしとは何なのかという定義や、鳴子系や弥治郎系といった実は11もある系統についてまとめられたこけしファン待望のヴィジュアルブックです。主軸はその伝統を引き継ぐ現役の工人13人へのインタビュー。なぜこけしを作ろうと思ったのか、こだわりや工夫。聞き手、著者は「民芸の教科書」シリーズ(グラフィック社)の萩原健太郎さん。こけし、民芸への熱い思いが伝わる一冊に。そして京都のこけし好きといえばこの人。マヤルカ古書店のなかむらあきこさんもこけしへの愛を存分に語られています。
ラッピングOK

関連商品

09 こけし

商品情報
著者萩原健太郎
発行スペースシャワーネットワーク
サイズ182mm×257mm
その他159p/ソフトカバー
布形子 BOX SET

布形子 BOX SET

12,960円(税抜12,000円)

こけし時代ノートブック

こけし時代ノートブック

864円(税抜800円)

こけし時代 VOL.12 遠刈田特集号

こけし時代 VOL.12 遠刈田特集号

3,240円(税抜3,000円)

こけし時代 VOL.13  山形県肘折こけし特集号

こけし時代 VOL.13  山形県肘折こけし特集号

2,700円(税抜2,500円)

こけし時代 VOL.10 蔵王特集号 普及版

こけし時代 VOL.10 蔵王特集号 普及版

2,160円(税抜2,000円)

こけし時代 VOL.11 続・津軽特集号

こけし時代 VOL.11 続・津軽特集号

2,999円(税抜2,777円)

こけし時代 VOL.8 外鳴子特集号

こけし時代 VOL.8 外鳴子特集号

1,728円(税抜1,600円)