商品名トラベシア Vol.2

価格
税込 864
(税抜¥800

商品番号 b_lit_bun078

  • 注文数量 
  • +
    -
お買い物かごに入れる お気に入り
“普通に読める日本語の雑誌”を標榜するリトルプレスの第2号。今号のテーマは「労働」。と言ってもテーマにしっかり準ずるテキストばかりではなかった前号に続き、今号もエッセイや小説、日記など、長さや内容の振り幅も大きく様々な立場の人々がそれぞれに寄せた文章を掲載。冒頭を飾る小学生の兄妹DJコンビ、miro&nikaへのインタビューなども含め、発行人が独自の目線で声をかけたのは20名以上の「あなたが名前を聞いたこともないであろう、最強の馬の骨なひとたち」。名のある人を引っ張り出すこともなく、身近な無名の才人たちを紹介するというリトルプレス本来の自由さと親密さを発揮しながら、デザイン、テキストともに決して内輪のノリにとどまらない高いクオリティは変わらず魅力的です。ページ数を増量しながら相変わらず安価に抑えたこだわりも素晴らしい。

(収録内容)一般男性「人並みじゃないのに人並みにしなきゃなんないのってなんかヤだなあって」/折坂悠太「穴をどうする」/河波雄大「労働について」/木村有理子「こどもとフィクション」/草野なつか「夢占い」/コバヤシユカ「流儀、っていうかぁ」/酒井俊「ネズミにまつわる迷信」/佐藤柿杵「loose and lonesome labor loop」/鈴木並木「トーキョー・ワーキング・クラス・アンサンブル」/田口真希「目覚めると無職。」/只石博紀「綺麗」/中野さやか「フカンゼン・ショウセツ」/原田和典「書道セットとロックンロールオリンピックと私」/深堀骨「セントミアリーメイドの永遠の処女」/牧野大輔「モスクワ二十才まえ」/真付巳鈴「同伴映画館通い」/三木直人「ドローン=トマト缶、またはDCTC。」/ムチコ「見ないで、見えてても見なかったことにして」/若木康輔「映画ライター三十六房」
ラッピングOK
商品情報
発行者鈴木並木
イラストとロゴ原案畑中宇維
デザイン村松道代
その他143mm×210mm(A5)/98P/ソフトカバー

関連商品

432 トラベシア

トラベシア Vol.1

トラベシア Vol.1

540円(税抜500円)