商品名すべての雑貨

価格
税込 2,160
(税抜¥2,000

商品番号 b_pub_nat020

  • 注文数量 
  • +
    -
お買い物かごに入れる お気に入り
西荻窪にある『FALL』という雑貨店。店主の三品輝起さん初の単著が夏葉社から刊行されました。文芸誌『なんD』で三品さんの文章を知っている読者も多いはず。この本は、タイトルから想定されるようなやわらかなエッセイではありません。実際に雑貨店を経営し体感し浮かび上がる、独自の雑貨論、さらに言えば消費論ともいうべき著者の思考が語られた、ちょっと同種の本が思い当たらない、新しい風を感じる一冊です。映画や音楽、本のことを織り交ぜ、自身と店を振り返るエッセイという形をとりながら、著者曰く「じわじわ雑貨化する社会」というものに問いを投げかける。その燻った思いに読む者が同調する心地よさがそこにあります。「夜と店の隅で」「予告された雑貨の記録」…各章に名付けられたサブタイトルもユニークです。
ラッピングOK
商品情報
著者三品輝起
発行夏葉社
サイズ120mm×190mm
その他284p/ハードカバー

関連商品

392 家族最後の日

東京の編集者 山高登さんに話を聞く

東京の編集者 山高登さんに話を聞く

2,484円(税抜2,300円)

家族最後の日

家族最後の日

1,836円(税抜1,700円)

オーマイドーター

オーマイドーター

1,620円(税抜1,500円)

かなわない

かなわない

1,620円(税抜1,500円)