商品名漫画版 【文語】たけくらべ

価格
税込 2,700
(税抜¥2,500

商品番号 b_yom047

  • 注文数量 
  • +
    -
お買い物かごに入れる お気に入り
幸田露伴や森鴎外など同時代の文豪たちに絶賛され、近代以降の女性では初めての職業小説家として活動しながらも、24歳の若さで亡くなった樋口一葉。言文一致が推奨され、文語で書かれていた小説が口語で書かれるようになった明治時代、歌人・中島歌子に学び平安文学に親しんだ一葉は、文語(擬古文)で小説を書いていたため、その小説の言葉は現代人にとっては縁遠いものに感じられるかもしれません。
こちらは、樋口一葉の代表作「たけくらべ」を文語のまま理解するために描かれた漫画版。原文を漫画のフキダシに配置しながら、情景や人物の動作、表情のタッチ、コマ割りなど漫画ならではの表現を生かし、一葉の描いた明治時代、東京吉原の少年少女たちが成長してゆく姿を描き出します。擬古文特有の格調、巧みな時代背景の描写、少女漫画の源流とも言えるような心の機微と成長の過程。千明初美さんだからこそ描けた魅力的な「たけくらべ」です。「たけくらべ」原文、漫画版の現代語訳や用語解説なども掲載されています。不朽と呼ばれる名作、現代にも通じるその美しき世界ををぜひ味わってください。
ラッピングOK
商品情報
原作樋口一葉
漫画千明初美
漫画編集二上洋一
解説三田誠広
発行武蔵野大学出版会
その他240P/ソフトカバー

関連商品

401 千明初美

ちひろのお城

ちひろのお城

2,160円(税抜2,000円)