商品名たもんのインドだもん

価格
税込 1,080
(税抜¥1,000

商品番号 b_pub_mi010

  • 注文数量 
  • +
    -
お買い物かごに入れる お気に入り
気づいたらコーヒーブレイクの合間に読み終えてしまうような気軽さ。かつての読書好きをはじめ、本を読みたいと思っていてもなかなか手が出ないという方に向けたミシマ社の新シリーズ「コーヒーと一冊」から。もちろん読書好きのあなたにも。
中学の頃に学校に行くことをやめ、それから毎年一年の半分以上をインドで過ごすようになったという特殊な経歴をもった、装丁家で、自身も画家である矢萩多聞(やはぎたもん)さん。停電の夜にインドの人々と歌った日本の童謡の話など、実際に暮らした著者だからこそ体験できた数々のエピソード。私たちが抱く雑踏や混沌といったイメージの先にある、家庭的であたたかなインドの姿がありありと浮かんできます。
ラッピングOK
商品情報
著者矢萩多聞
発行ミシマ社
サイズ130mm × 190mm
その他94p/ソフトカバー

関連商品

204 コーヒーと一冊

脚本版ほしいものはなんですか?

脚本版ほしいものはなんですか?

1,080円(税抜1,000円)

愛と欲望の雑談

愛と欲望の雑談

1,080円(税抜1,000円)

コーヒーと一冊 声に出して読みづらいロシア人

コーヒーと一冊 声に出して読みづらいロシア人

1,080円(税抜1,000円)

コーヒーと一冊 佐藤ジュンコのひとり飯な日々

コーヒーと一冊 佐藤ジュンコのひとり飯な日々

1,080円(税抜1,000円)

コーヒーと一冊 透明の棋士

コーヒーと一冊 透明の棋士

1,080円(税抜1,000円)