商品名ガケ書房の頃

価格
税込 1,944
(税抜¥1,800

商品番号 b_pub_nat016

  • 注文数量 
  • +
    -
お買い物かごに入れる お気に入り
左京区北白川、壁から突き出た軽自動車がトレードマークのガケ書房。11年の歴史に幕を閉じ、現在はホホホ座と名前を換え、やたら本の多いお土産屋、編集グループとしてこれまで以上に広い分野で活躍を続けられています。元ガケ書房店主山下賢二初の単著が夏葉社から刊行されました。ガケ書房以前の半生と、ガケ書房の日々が痛いほど正直に綴られ、私たちが想像する書店主エッセイの域を遥かに超えた面白さが詰まっています。
新刊書店、古書店、印刷会社、編集者。出版の上から下までを経験した山下さんの経歴だけをみればガケ書房が出来上がったことが必然に思えても、その実は字面でみるほど綺麗なものではなかったとわかります。ガケ書房を知る人はもちろんのこと、これから本屋をやりたいという方や、自分が何をしていいかわからないという若者にもきっと響きます。青春小説を読んでいるような、誰しもに刺さる一冊。
ラッピングOK
商品情報
著者山下賢二
出版社夏葉社
サイズ130mm × 190mm
その他ソフトカバー

関連商品

134 あしたから出版社

神保町

神保町

1,836円(税抜1,700円)

これからの本屋

これからの本屋

1,296円(税抜1,200円)

HAB 本と流通

HAB 本と流通

1,296円(税抜1,200円)

本屋会議

本屋会議

1,836円(税抜1,700円)

「本をつくる」という仕事

「本をつくる」という仕事

1,728円(税抜1,600円)

HAB 新潟

HAB 新潟

1,296円(税抜1,200円)

移動図書館ひまわり号

移動図書館ひまわり号

2,160円(税抜2,000円)

本屋図鑑

本屋図鑑

1,836円(税抜1,700円)