商品名親子の時間 庄野潤三小説撰集

価格
税込 2,592
(税抜¥2,400

商品番号 b_pub_nat012

  • 注文数量 
  • +
    -
お買い物かごに入れる お気に入り
小島信夫『ラヴ・レター』に続く夏葉社さんの新作は、同じく第三の新人・庄野潤三による、家族にまつわるショートストーリー集です。庄野文学の代名詞といえるのが、初期の傑作『夕べの雲』より連綿と書き継がれていった家庭小説。作家自身の家庭生活に材を取った一種の私小説群は、さりげない日常の風景や感情の機微を鋭くも繊細に掬いとりつつ、つねにおおらかで温かいまなざしに包まれています。これら半世紀以上に渡る作家活動で生まれた多くの名作から、粒よりの九編を選んだのがライターの岡崎武志さん。現在古書でしか読めない、絶版本収録の作品をという自らの縛りを唯一破って冒頭に掲載された掌編「山茶花」には、心揺さぶられる編者の特別な思い入れのあることが「あとがき」で明かされます。曰く「親子に親子で読んでほしい小説集」。和田誠装丁による、函入り特製版でお届けします。

商品情報

著者:庄野潤三 編者:岡崎武志 / 出版社:夏葉社 / 135mm×195mm / 277p / ハードカバー

ラッピングOK

関連商品

397 夏葉社の本

美しい街

美しい街

1,728円(税抜1,600円)

ラヴ・レター

ラヴ・レター

2,376円(税抜2,200円)

あしたから出版社

あしたから出版社

1,620円(税抜1,500円)

早く家へ帰りたい

早く家へ帰りたい

1,944円(税抜1,800円)

さよならのあとで

さよならのあとで

1,404円(税抜1,300円)

小さなユリと

小さなユリと

1,728円(税抜1,600円)

いちべついらい

いちべついらい

1,836円(税抜1,700円)