商品名民族衣装を着なかったアイヌ

価格
税込 2,700
(税抜¥2,500

商品番号 b_pub_sur026

  • 注文数量 
  • +
    -
お買い物かごに入れる お気に入り
阿寒湖畔の観光地、アイヌ・コタン(アイヌの村)で生まれ育った著者は、「アイヌはもういないんでしょう?」と耳にするたびに、では自分の育った環境はなんだったのか、アイヌとはなんなのか、という疑問を抱き続け、やがてこの一冊が生まれました。自身のルーツ、そしてアイヌそのものを探るため、母親をはじめ、それまで出会った女性たちに話を聞き、それぞれの歴史を丁寧に考察してゆく過程は非常に読み応えがあり、抑制の効いた筆致で綴られた文章は読む者を静かにひきつけます。先住民族としてアイヌがたどった道筋を女性を中心とした新鮮な視点から綴った内容は貴重な資料であり、同時に優れたルポルタージュであり、またアイヌとして生まれた一人の女性の歩んだ道を記した豊かな記録でもあるといえるでしょう。アイヌの文化と歴史への新たなアプローチとなる名著です。

商品情報

著者:瀧口夕美 / 出版社:編集グループSURE / 130mm × 190mm / 224P / ソフトカバー

ラッピングOK

関連商品